ワカログ

THE ニート!

【根拠なき自信は必要】根拠のない不安を根拠のない自信に変える

スポンサーリンク

f:id:ywakana:20180827032408p:plain

こんにちは。ワカナ(@wkn_re)です。

 

DaiGoさんのYouTubeまとめ第2弾。

自分の脳内整理と、後から見れるようにまとめています。

大体、30分程度のYouTubeを2000字くらいでまとめてあるので、『時間のない方』や『今イヤホンもってない!』、『活字の方が得意』という方はこの記事をお勧めします。

 

ゆっくり時間のある方は、YouTubeをご覧ください。w

失敗を恐れないメンタルの作り方~根拠なき不安を根拠なき自信に変えるには - YouTube

 

 

 

 

自信とは…

 

まず、『自信』という言葉の定義をしておきます。

 

自信

自分の力で自分の未来人生仕事人間関係などを変えると信じるコト。

セルフエフィカシーという(自己効力感)

 

ばかみたいに頑張るのはいいけど、ただのバカになっちゃダメ・・w

現実的なセルフエフィカシーをもつことが大切です。

 

自己効力感を持つ方法(科学的根拠有)

 

これを最後にお伝えします。

ちなみに誰でもできます。※やる気があれば

挑戦力を上げる

 

『若い人は挑戦をするべき』

 

こんな言葉聞きなれている時代ですよね…w

 

では、挑戦できる人とそうでない人の違いはなんでしょう?

 

それは、失敗を恐れるかそうでないか。

 

失敗を恐れなくなれば、行動することに対して楽しみだらけになりますよね。

 

つまり、

  • 失敗をしないようにする⇒×
  • 失敗を楽しむようにする⇒

 

そういった感覚を作る必要があるんです。

 

何故か、

自己効力感(セルフエフィカシー)を上げるため。

つまり、自信をつける為です。

 

そんなのどうやって作るのか‥‥w

順番にご紹介します。

 

失敗を恐れないメンタルの作り方。

 

ココで注意が必要なのは、この記事を最後まで読んだとしても失敗をしなくなるわけではありません。

 

つまり、リフレーミング(人や物事への印象や意味を変化させること)をしてください。ということです。 

 

人って、失敗を気にするなと言われても無理。

 

  • ヘコムのも良い。
  • 失敗して学ぶコトに意味がある。
  • 失敗してもただでは起き上がらない。

 

そういった感覚をもてばいい話です。

 

【10憶ドルの資産家】サラブレイクリーの話

経験0・元手5000ドルで起業し、成功した。

 

サラブレイクリーお父さんが面白い人だったんです。

 

お父さんは娘に『今日はどんな失敗をしたか?』と聞いて、挑戦をしたことを褒めていた。

失敗をすることによって人間はどんなチャレンジをしたかを認識させていた。

 

父は娘を起業家マインドに育てた。 

根拠なき自信が大切。

 

成功するためには、根拠が大事と‥‥?

それは少し前の時代のお話しです。(時代の流れに関しては、後でお話しします)

 

成功するには2パターンに分かれる

1根拠がないけど根拠なき自身をもち戦う人

前向きでチャレンジすることに慣れている人。

失敗にを気にせず、数をとことんこなす人。

 

2コスト(リスク)がないうえで戦う。

失敗しようがないやり方。

小さく始めて、徐々に大きくするという戦い方。

 

初期投資が0だとリスクもありませんよね?めっちゃ効率的じゃないですかっ!

 

簡単な例だと、ブログやアフィリエイトも初期投資はサーバー代くらい。

ほぼ0円なので、ニートの私でも始めることができました。

 

知識は最高の投資

 

1度成功したものを次につなげるためにはどうすればよいか。

 

事業(知識)をスライドさせる。

成功したことを他のジャンルでビジネスをする。

 

具体的には以下のようなことです。

 

DaiGoさんの場合

  • 様々企業と一緒にサービスを作る。
  • 対価は(お金でもらったら税金とかかかるから)
  • 色んな企業と楽しいコトを沢山する(ノーリスク)
  • 企業が成功したら、株の価値が上がる。

 つまり、

お金を使わないで、投資する。

⇒知識で投資する。

⇒知識は使っても減らない。

 

どっかで知識を使っても、外の企業で使える。(これがスライドです)

 

知識は使えば使うほど、知識は増えていく。

人に説明をすれば、応用して戻ってくる。

知識は減らないですもんね。

 

『元手0リスク0』

失敗しても失うモノはないですよね?(プライドは傷つくかもしれませんが・・・・w)

 

自分から失敗のリスクを取ろうとする人

YouTube等で動画配信を始めるとする。

その際、iPhoneのカメラで充分動画撮影ができるのに…。

失敗する人は、

取り敢えず資材の準備からしちゃう。

 

起業とかするにしても、渋谷や西麻布に大きいオフィスを作る必要がない。

 

失敗しても、リスクがないようにしましょう。

  • 動画撮影なんて、最悪iPhone1つあったらできます。
  • そのオフィスは初期段階で、本当に都会に必要ですか?
  • 『300万円の貯金がありビジネスを始める』全て最初に使う必要ありません。

 

そして、失敗しても受け入れましょう。

(というかリスクないんだから気にしないで『失敗の原因』を考えましょう)

 

本題『根拠がない不安を、根拠がない自信に変えよう。』

 

やっと本題にはいります。

どうせ根拠がないなら、『不安』ではなく『自信』でいいやん?

 

何故根拠なき自信が大切なのか

これからの時代根拠ない自信が大切です。

 

何故か

時代の流れが速い今、未来の予測ができなくなっている。

つまり、根拠が必要なくなってきています。

 

先行き不透明な時代は根拠があるものがない。

自分が悩んでる間に、他の人がやっちゃうんですよ。

後から追随してももう遅いんです。(時代の流れが速いから。昔だったらいいけど、時代が変わった。)

 

5年10年先がどうなるかわからない。

だから根拠ない自信でももって、なんでもチャレンジしまくれ!

もはや当たる当たらないの話じゃないですよねw

 

行動回数を増やしてどれかを当てる。

つまり沢山チャレンジしないといけないんです。

 

沢山チャレンジするためには、(時間的・費用的)コストを減らす必要がある。

 (ココで先ほどの、ローリスクの話につながりますね。)

 

鬱っぽくなる人や、漫然とした不安や不満を自信に変えると、

頑張って、ある程度うまくいけば、自分で人生変えられるんだ。

 

根拠ある自信は、根拠ない自信からはじまる。

沢山行動して、そのなかの1個が上手くいくとよい。

沢山のものに手を出さないとうまくいかないのはあたりまえ。

 

 色々試して、工夫することによって自分の人生変えられる。

 

上手くいかない人。

1回失敗すると、もう自分だめだとチャレンジを辞めちゃう。

1発で成功しようとしがる人ですね。

 

じゃあどうするか。

  1. 1個1個失敗するたびに、へこんでる暇はない。
  2. 1個失敗したら、学ぶだけ学んだら「はい次。」って感じ。
  3. 1個成功しても、チャレンジし続けることがだいじ。1個の成功体験にしがみついてしまうのは、ただの臆病者。

 

【科学的に証明されてる】自信が手に入れられる方法

 

失敗でへこむのは良くない。

じゃあどうする‥‥。

よくある自己啓発?

  • 失敗はチャンス
  • 大事なのは自分を信じること?
  • 成功した未来を自分で描いて想像してみましょう
  • 君たちには仲間がいる!
  • 若者に可能性を!
  • だから自信をもて

 

やれって言われてできたら苦労しないよw

具体的な方法をご説明します。

自信とは…

 

最初に説明した通り、

ここでの自信とは、自分の力で自分の未来人生仕事人間関係などを変えると信じるコト、セルフエフィカシー(自己効力感)のことをいいます。

 

さて、自己効力感を持つにはどうするか。

 

1人の時間を作って『チャレンジ』について考える

やっと、不安を自信に変える方法ですね…w

 

『自己効力感』を得るためには、自分1人の時間を意図的に作り、何をしたかを具体的に考えることが必要だと言われています。

 

毎日考えるコト(例)

  • 今日は何を頑張ったのか
  • 今日は。何をちゃれんじしたのか
  • 仕事で何を頑張ったのか

 

その効果・効力を確認していく必要があります。

何が自分の人生を変え、どの努力が報われているのか確認をする。

何が報われたかわかんなかったら、やる気が失せてしまいませんか?

 

やる気が失せる状態をゲームで例えると

・レベルがいつ上がってるかわからない

・経験値もわからない

・スコアも一切出てこないゲームのようなもの 

 

逆にゲームにはまるには

・自分がやったことの成果が一発でフィードバックされる

・何をすれば成果ができるかわかる。

 

この感覚を自分で作り出すというイメージですね!

 

1人の時間を作って効力を確認する方法

チャレンジをしたら、以下の順に効力を確認しましょう。

  1. 今日自分は、何を狙って何をしたのか。
  2. その結果何がどれだけ良かったのか悪かったのか
  3. 次はどのようにしていくべきなのか

 PDCAまわしていけって話ですね‥‥

取り敢えず筋トレしてみる?(おまけ)

筋トレは、自分の力で努力した分見た目で(しかも自分の体)で変化を感じることができる。

一番簡単でわかりやすいと言われている。

 

鍛えることに興味がない人にでもお勧め。

  • 鍛えれば誰でも変われる。
  • 鍛えられた(替えられた)ということが、自己効力感を得られる。
  • 自分の力で自分のみらいを 変えられる。

 

周りの人にも『痩せたね!』とか言われるからオススメw

 

ちなみにダイエットする人は、体重計で測るのは良くない。

 

体脂肪率や筋肉量で測る方がいいけど、体脂肪率とかは機械で測っても±5%くらい変わったりするから信用ならん。。

・食事のカロリー検査(食事の変化はカロリーで)

・毎日おなじ位置で写真を撮るのがよい。(肉体の変化は見た目で)

 

上記で測ってみるのをオススメします。

 

おわりに

DaiGoさんのお話しに自分の感想などを加えてまとめました。

最初に2000字と言いましたが、今回は4000字弱になりましたごめんなさい。w

 

とにかく。

 1人の時間を作って『チャレンジ』について考えるということをしてみてください。

最初は小さなチャレンジでもかまいませんよね。

何事も続けてみるのが大切です。

 

おわり。

 

 あわせて読みたい

www.re-wakana.com

スポンサーリンク