ワカログ

THE ニート!

【入りづらいを解決したオンラインサロン】『裏世界』に潜入してみた。

スポンサーリンク

f:id:ywakana:20180803062612p:plain

オンラインサロンって、途中から入りづらくないですか…?

特に私のような陰キャラには難しい…。

でも、私、『かんばる陰キャラ』なんですッ。w

www.re-wakana.com

 

本日初めて、陰キャラでも入りやすいオンラインサロンに潜入してきましたッ!

 

 

 

オンラインサロン『裏世界』とは

最近私がよく記事に書かせていただいているクレメア氏(@cremea_tw)によるサロンです。

本日(2018年8月2日)にできたばかりのホヤホヤサロンになります。

参加者は現時点で17人です。

 

『裏世界』の特徴

普通のサロンとは一味も二味も違うという『裏世界』。

 特徴は以下の通りです。

  • 無料
  • 自分から動かないと何も得られない
  • まだ何も形になっていない
  • 上手くいかなかったらつぶす
  • ROM専はBAN対象(積極的に会話に参加しよう)

無料のオンラインサロンにした理由

オンラインサロンが有料な理由。

それは、2点あります。

①オーナーの収入源(運営するための費用)

②参加者にフィルターをかけるため。

 

まず、①に関して

クレメア氏はいつか稼げるブロガーになったら投げ銭でもしてくれたらいいよ。と思ってるくらいです。

また、運営に関しては、楽しかったら動く。つまらなかったらつぶす。

それくらいの気持ちです。

つまり、参加者全員が運営に参加していく気持ちでいます。

(最終的に自分のサロンを持つことになった時、役立ちます)

 

次に②に関してです。

この問題はに関しても解決します。

1つ目は、入会はクレメア氏にDMを送る必要がある。

2つ目は、ROM専(自分から動かない、発言しない)人は、特別な理由がない限り、BANされます。

 

そんなの言われると、荒らし等ははいれないですよね。w

つまり、クレメア氏には有料にする理由がないんですよね。

 

 

『裏世界』名前の由来

なんだか怪しい名前ですね。w

というか『裏世界』という名前に少しだけDQN感があると感じてしまっているワカナ氏。(ボソッ

 

でも、一応由来はあるんですよッ!!!

SNSっていうと、皆が自分を表現する”表”の顔ですよね。

そういった場所とは違い、皆の”裏”の顔をどんどん出してほしい。

そういったクレメア氏の想いからできた名前なんです。

 

ちなみに”世界”って部分は何となくらしいです。w

 

『裏世界』の目標

裏世界の住人が目指すものは、以下の3点です。

どんどん成長していきますよッ!

  •  喋れるブロガーの育成。
  • 全員が行動力オバケになる。
  • 粋なお金の使い方をする。

喋れるブロガー

ブロガーって文字にして伝えることができても、喋れるブロガーって案外少ないんですよね。(もちろん喋れる方もいますケドモ!!)

喋れる方が、発信方法が増えますよね?

ブログだけでなく、その他の方法を利用し、伝えたいことを発信することができます。

 

全員が行動力オバケ

『百聞は一見にしかず』という言葉は知っていますよね?

その続きである、以下についてお話しします。


・百見は一考にしかず

ここまでは誰でもできます。


・百考は一行にしかず

ココです!

ここで行動に移さない人、または行動に移すのが遅い人が多いんですよね。

とにかく行動する。行動しまくる。失敗しても構わない。

成功している人は、その何倍も失敗をしています。


・百行は一果にしかず

行動力オバケになり、成果を出すことが最終目標ですね。

 

 

粋なお金の使い方

粋なお金の使い方、かっこよくないですか…?

そんなお金の使い方ができるように、頑張って収益も出していきたいところですッ!

 

ちなみに、サロンオーナーのクレメアさんは、

『見知らぬ人に24万円のMacBook Proを買ってあげた』

という、ちょっと私には考えつかない粋なお金の使い方をしてました。w

オンラインサロン『裏世界』が気になる方

『裏世界』が気になる方。

でも入るのはなぁ・・・。とまだ一歩が踏み出せない方。

 

一旦、オーナーのクレメア氏がやっているyoutubeでのラジオに参加してみてくださいッ!

そこで、自分に合っているか確かめるのは一つの方法だと思います。

 

ラジオ詳細はコチラ

www.re-wakana.com

 

まとめ

 何か新しいコトを始めるのって勇気がいりますが、ワクワクしませんか?

私は、正直有料オンラインサロンにはいる勇気はありませんでした…。

 

しかし無料だったらありかも。と小さな一歩ですが、踏み出すことができました。

 

オンラインサロンに関して、入ろうかどうしようか悩んでいる方、まずはラジオを聴いてコメント等をしてみることをお勧めします!

www.re-wakana.com

 

www.re-wakana.com

 

スポンサーリンク